LAU002

アンゴラベレー帽 レディース “Brigitte”

¥10,800

この商品に別途かかる関税・諸税の参考金額:¥ 1,620
*関税・諸税料は配送会社に直接お支払いいただきます。
→関税・諸税のお支払い方法について

フランスを象徴するベレー帽は、おしゃれなワードローブに欠かせないアイテムです。“Brigitte”は柔らかな風合いが魅力のアンゴラを使ったベレー帽で洗練された雰囲気が魅力です。「cabillou(カビユ)」と呼ばれる頭頂部に突起した尻尾のような部分は、ベレー帽になくてはならない存在です。帽子のサイド部分に付いているLと刻印されたメタル製エンブレムは、ロレールが手作りする本物のベレー帽の証しです。フチ部分にレザーのスベリ(ビン革)が付いていないこのモデルは、フリーサイズです。柔軟性に優れたアンゴラは頭のサイズに自然とフィットします。サイズの調整方法は「サイズ選びのアドバイス」をご覧ください。

フランスで現存する唯一のベレー帽メーカー、ロレールはピレネー山脈のふもとにある工房で、170年以上にもわたり、昔ながらの製法でベレー帽を作り続けています。職人たちがひとつずつ丁寧に手作りするベレー帽のかたちの美しさ、手触りの素晴らしさ、そしてかぶり心地の良さをぜひ体験してください。

カラー・柄
  • ブラック
  • ナチュラルホワイト
  • レッド
数量
在庫のラスト商品

  • 安心・安全な決済 安心・安全な決済
  • 1週間で日本へお届け 1週間で日本へお届け
  • ネットで関税支払い ネットで関税支払い
  • 日本語アフターサービス 日本語アフターサービス
  • フランス製の保証 フランス製の保証

サイズ選びのアドバイス


このモデルはフリーサイズです。サイズが小さい場合は以下のステップで調整することが可能です。
ベレー帽を裏返し両手でフチを持ち、帽子を回しながらフチの部分を優しく引っ張り広げます。1回転したら、かぶってサイズを確認し、まだきついようであれば同じ動作を繰り返します。両手で伸ばしても小さい場合は、膝を立ててその上にベレー帽をかぶせ、フチの一方を膝に引っ掛けもう片方を手で回しながら優しく引っ張り広げてください。 サイズ調整の方法を動画でご覧いただけます:こちらをクリック

お手入れ方法

使用後は専用の布製袋に平らにして仕舞い、型くずれを防ぎ、ホコリを避けましょう。

洗い方:洗濯機の使用は厳禁です。手洗いまたはドライクリーニングをおすすめします。

こだわりのポイント

頭頂部のポッチ「cabillou」

ロレールのLが刻印されたメタル製エンブレム

170年以上受け継がれる製法

フランスに現存する唯一の老舗ベレー帽メゾン、ロレール。家族代々受け継がれてきた類い稀な財産とも言える伝統の技を、170年以上経た今も守り、当時とほぼ変わらぬ製法でベレー帽を作り続けています。 > Read more

ベレー帽

伝統的なベレー帽は素材がフェルト生地で、フチにはレザーのパイピングがほどこされています。19世紀にピレネー地方の男性たちの間で広く親しまれ、30年代になるとファッションに欠かせない小物として女性たちもかぶるようになりました。 > Read more

データシート

素材
アンゴラ100%
こだわりのポイント
頭文字のLが刻印されたメタル製シルバーエンブレム
製造
フランス・バスク地方ロレールの工房
パッケージ
ロレール専用帽子ボックス

あなたにおすすめの商品

サイズ選びのアドバイス


このモデルはフリーサイズです。サイズが小さい場合は以下のステップで調整することが可能です。
ベレー帽を裏返し両手でフチを持ち、帽子を回しながらフチの部分を優しく引っ張り広げます。1回転したら、かぶってサイズを確認し、まだきついようであれば同じ動作を繰り返します。両手で伸ばしても小さい場合は、膝を立ててその上にベレー帽をかぶせ、フチの一方を膝に引っ掛けもう片方を手で回しながら優しく引っ張り広げてください。 サイズ調整の方法を動画でご覧いただけます:こちらをクリック

お手入れ方法

使用後は専用の布製袋に平らにして仕舞い、型くずれを防ぎ、ホコリを避けましょう。

洗い方:洗濯機の使用は厳禁です。手洗いまたはドライクリーニングをおすすめします。

こだわりのポイント

頭頂部のポッチ「cabillou」

ロレールのLが刻印されたメタル製エンブレム

170年以上受け継がれる製法

フランスに現存する唯一の老舗ベレー帽メゾン、ロレール。家族代々受け継がれてきた類い稀な財産とも言える伝統の技を、170年以上経た今も守り、当時とほぼ変わらぬ製法でベレー帽を作り続けています。 > Read more

ベレー帽

伝統的なベレー帽は素材がフェルト生地で、フチにはレザーのパイピングがほどこされています。19世紀にピレネー地方の男性たちの間で広く親しまれ、30年代になるとファッションに欠かせない小物として女性たちもかぶるようになりました。 > Read more