レディース・カンカン帽 Les canotiers femme

カンカン帽

フランス語で「カノティエ」と呼ばれるカンカン帽は19世紀初頭のパリで生まれました。ちょうどその頃、セーヌ川を帆付きカヌーで遊覧することが許可され、パリジャンの楽しみのひとつとなりました。上部が平らな麦わら帽子は、カヌー遊びを楽しむ人たちのお気に入りのアイテムとなり、瞬く間に流行したことから、カヌーを漕ぐ人を意味する「Canotier カノティエ」という名前が付けられました。> Read more

フランス語で「カノティエ」と呼ばれるカンカン帽は19世紀初頭のパリで生まれました。ちょうどその頃、セーヌ川を帆付きカヌーで遊覧することが許可され、パリジャンの楽しみのひとつとなりました。上部が平らな麦わら帽子は、カヌー遊びを楽しむ人たちのお気に入りのアイテムとなり、瞬く間に流行したことから、カヌーを漕ぐ人を意味する「Canotier カノティエ」という名前が付けられました。> Read more