ボーダーシャツ

日本ではバスクシャツやボーダーカットソーいった名前で親しまれる「マリニエール」は、フランス人のワードローブに欠かせない定番アイテムです。元々は18世紀からフランス海軍の制服として用いられ、海に落ちたときに見つけやすいようにと服に縞模様をほどこしたのが起源とされています。1858年には、フランス海軍のマリニエールの縞の数はインディゴブルーが20〜21本、それよりも2倍幅広の白い縞が21本と定められました。> Read more

日本ではバスクシャツやボーダーカットソーいった名前で親しまれる「マリニエール」は、フランス人のワードローブに欠かせない定番アイテムです。元々は18世紀からフランス海軍の制服として用いられ、海に落ちたときに見つけやすいようにと服に縞模様をほどこしたのが起源とされています。1858年には、フランス海軍のマリニエールの縞の数はインディゴブルーが20〜21本、それよりも2倍幅広の白い縞が21本と定められました。> Read more

ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

探しているものを再度検索する